恐怖症と運転

恐怖症患者の中には、車の運転に対しても恐怖を感じている人がいます。

 

普通の道路であれば問題なく走ることができるという人がほとんどではありますが、高速道路でパニックになってしまう人がいるのです。

 

もちろん、高速道路が苦手というだけの人もいますが、恐怖症の人は高速道路上の橋などで症状が現れます。

 

普通の道路であれば、異常を感じた場合はすぐに車を停めて休むことができるでしょう。

 

しかし、高速道路の場合は停車ができないため、何が何でも前に進まなければなりません。

 

不安になって汗をかいたり動悸がしたとしても、走り続けなければならないのです。

 

こういった状況が不安を更に増幅させてしまいます。

 

逃げられない状況下の中で橋などに差し掛かってしまった場合、パニックになってしまうこともあります。

 

実際に、恐怖症が原因で高速道路上の事故を引き起こしてしまったケースもあるのです。

 

当然のことですが、そのような危険が想定されるのに車を運転するのは非常に危険なことだといえるでしょう。

 

できることなら、恐怖症を改善することができるまでは高速道路の運転を避けるべきです。

 

事故が起こってから後悔しても遅いので、最適な方法を考えておきましょう。

 

自分で運転しなければ問題ないという人もいるので、高速道路を走らなければならない区間は別の人に運転をお願いするという方法もあります。

 

また、どうしても1人で移動しなければならない場合は、バスや電車による方法も検討したほうがいいでしょう。



⇒『恐怖症を自分で治療できるとっておきの方法』 はこちら